トップ お寺・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ仏教と宗派について > 宗派について

宗派について

宗派についての画像

 ひとくくりに仏教とはいうものの、日本の仏教にはそれぞれ異なる宗派があります。
ここでは日本の仏教宗派の数や、代表的宗派にはどのようなものがあるのかなどについての内容をまとめてみました。


宗派の種類

 仏教の宗派は13宗56派に分かれています。
13宗というのは、法相宗・華厳宗・律宗・天台宗・真言宗・融通念仏宗・浄土宗・浄土真宗・時宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・黄檗(おうばく)宗です。
56派はこれらの13宗の中の派閥の数です。
「真理を悟る」という仏教の教えのもと、悟りに行きつくための考え方は宗派によってそれぞれ違いがあります。
よく宗派による違いについて質問があるようですが、根本的に宗派ごとにご本尊や教義などの違いがあります。
しかし、現代の仏教というと私たちが接する部分は先祖供養や葬儀に関係したものが中心となっていることもあり、お経や儀式の進め方の違いが際立っているといえるかもしれません。


宗派の違い

 それでは宗派によってどのような違いがあるのか大まかにですが見てみましょう。
まず、おもに浄土宗・時宗・浄土真宗・融通念仏宗はひたすら仏の慈悲にすがり、仏の世界で成仏するという他力的教えの仏教(浄土仏教)あるのが特徴であるといえます。
臨済宗・曹洞宗・黄檗宗などは座禅などの修業を行うことで自らの煩悩を取り除こうという自力的教えを説いています。
真言宗は曼荼羅の絵図に世界観を表現している通り、大日如来とともに現生を生きるという密教の教えを説いています。
そして天台宗は密教や禅、戒律を融合した総合的仏教宗派であり、生きるものの全てが仏になれると説いています。
そして日蓮宗は排他的要素を持っており、法華経が絶対であるという教えを説いているのが特徴です。


スポンサードリンク
お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。