トップ お寺・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ仏教と宗派について > 浄土宗と浄土真宗

浄土宗と浄土真宗

浄土宗と浄土真宗の画像

 浄土宗と浄土真宗は仏教宗派のなかでも知名度の高い宗派のように思います。
家の宗派がこの二つのどちらかであるという方は多いのではないでしょうか。
宗派の名称が類似している浄土宗と浄土真宗ですが、それぞれどのような宗派なのでしょうか。


浄土宗と法然

 浄土宗は法然によって開宗された宗派で、一般庶民を救済するという大乗仏教の教えが強く表れているのが特徴です。
法然ははじめ比叡山延暦寺で天台宗を学び、その後南都(奈良)に下り諸宗を学びますが自分の理想とする教えとは違うことから、専修念仏を唱える浄土宗を開きました。
仏教が衰退すると信じられていた末法時代では当時、阿弥陀仏の御名を唱えることで極楽浄土に往生できるという法然の教えは、民衆に大きな希望を与えました。
阿弥陀仏に念仏を唱えて救いを求めることで愚人、悪人も救われると説く法然の周りにはさまざまな層の人々が集まりましたが、浄土宗は伝統的な仏教を否定するものと他の宗派から批判されることになります。
その結果、法然は讃岐への流罪に処されますが、それでも法然はその地で布教を続けたといわれています。
浄土宗のご本尊は阿弥陀如来で、総本山は京都の知恩院です。


浄土真宗と親鸞

 浄土真宗は鎌倉時代に法然の弟子であった親鸞が、浄土宗の教えを発展させた宗派です。
親鸞ははじめ比叡山で修業に励み、後に法然の弟子となり高弟の一人となります。
法然が四国に流罪になった際には越後に流罪になっています。
浄土真宗と浄土宗の違いとしては、浄土宗の開祖である法然が念仏を唱えることで誰もが成仏し往生できると説いたのに対し、親鸞が強調したことは阿弥陀仏を信じ念仏を唱えることで往生が約束されるというものです。
現在の浄土真宗は多岐にわたっており、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗仏光寺派、真宗興正派、真宗木辺派、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、真宗三門徒派、真宗山元派があります。
これを総称して真宗十派といいそれぞれに本山があります。
ご本尊は阿弥陀如来であることはいうまでもありません。


スポンサードリンク
お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。