トップ お寺・口コミナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ > 仏さまの種類

仏さまの種類

菩薩について

 仏教の仏さまといったら如来の次に高い位に位置付けられるのが菩薩です。 しかも、仏さまといって私たちが身近に感じることができるのが菩薩なのではないかと考えます。 その菩薩について見てみましょう。 菩薩とは  菩薩には梵語で「悟りを求める者」という意味があります。 如来を目指すために修業している者のことをいい、もともとはお釈迦さまが悟りを開く前の修業時代の呼び名をいいました。 しかし大乗仏教が興ってからは、観音菩薩などの多くの菩薩が考えだされました。 日本では仏教の教えそのも


スポンサードリンク

仏さまの種類の記事

仏さまの種類のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

菩薩について

菩薩について

 仏教の仏さまといったら如来の次に高い位に位置付けられるのが菩薩です。 しかも、仏さまといって私たちが身近に感じることができるのが菩薩なの・・・


その他の仏―羅漢(らかん)と垂迹神

その他の仏―羅漢(らかん)と垂迹神

 如来・菩薩・明王・天部と仏にはそれぞれの位置付けがありますが、ではそれ以外の仏さまについてはどのようになっているのでしょうか。 ここでは・・・


明王(みょうおう)について

明王(みょうおう)について

 如来・菩薩に次ぐ位置にある明王は、寺院の三門などで見られる仁王さまなどが有名ですが、あまり仏さまとしての馴染みとしては薄いのではないでし・・・


天部(てんぶ)について

天部(てんぶ)について

 如来や菩薩などと違い、天部といってもあまり耳慣れないという人も多いのではないでしょうか。 しかし、この天部の仏さまは実は私たちの暮らしの・・・


如来について

如来について

 仏教にはさまざまな仏が存在し、それぞれが違った役割を担っています。 いくつもある仏の中から、ここでは如来についてその位置付けやどのような・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 蓮華と極楽浄土

 仏事の際や、お寺でよく見かけるのが蓮の花ですが、やはり一般的にも仏教を象徴する花というイメージが強いのではないでしょうか。 では、仏教と蓮の花とはどのような関わりがあるのか見てみましょう。 象徴としての蓮華  蓮の花はヒンドゥー教や仏教と密接な関わりを持つことからインド・スリランカの国花になっています。 古代インドでは蓮は泥の中に根を張り、しかしその泥にまみれることなく美しい花を咲かせる姿から「俗世の欲にまみれることなく清らかに生きることの象徴」と捉えられていました。 そ

お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。