トップ お寺・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ仏さまの種類 > 如来について

如来について

如来についての画像

 仏教にはさまざまな仏が存在し、それぞれが違った役割を担っています。
いくつもある仏の中から、ここでは如来についてその位置付けやどのような如来がいるのかを見ていきたいと思います。


如来とは

 「如来」は梵語で「真実から来た者」という意味があります。
つまり菩薩行を修めて悟りを開いたもののことをいいます。
仏の中でも最高の境地に至った存在であり、最高位にあります。
如来は別名で仏陀(ブッダ)ともよばれており、もともとは仏陀と呼ばれていたのはお釈迦さまだけでした。
しかし、輪廻転生の思想が生まれたことで過去や未来の仏さまの存在が浮上してきます。
また、お釈迦さまが悟りを開いた者であるとすれば、他にも同じように悟りを開きお釈迦さまにそれを伝えた者があったかもしれないという考え方が起こり、お釈迦さま以外に過去より6人の如来が考えだされました。
この考え方は「過去七仏思想」と呼ばれます。


代表的な如来

 如来として存在するのは、仏法の開祖である釈迦如来をはじめ、極楽浄土の主である阿弥陀如来、東方瑠璃光浄土の主である薬師如来(正式には薬師瑠璃光如来)、蓮華蔵世界の主である毘盧舎那仏、密教世界の最高位の大日如来などが代表的です。
また、如来像に見られるそのお姿は、お釈迦さまが悟りを得た後の姿がもとになっているため、装飾品などは一切なくただ衣をまとっただけの質素なお姿が基本となっています。
ただし、例外として薬師如来は左手に薬壺を持っていること、密教系の大日如来だけは冠を冠っていることが挙げられます。
髪は結わず、頭の頂上部分が一部盛り上がっているのも特徴の一つです。


スポンサードリンク
お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。