トップ お寺・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ東京都 > 目黄不動尊・天台宗・眞覺寺

目黄不動尊・天台宗・眞覺寺

目黄不動尊・天台宗・眞覺寺

★厄除 ★開運 ★所願成就 ■目黄不動尊(めきふどうそん)

■天台宗 築当山 眞覺寺 □住職:梅井 秀明
(通称) 目黄不動尊(めきふどうそん)
◎写経会 ◎止観会 ◎読経会 定期的に開催。
◎護摩供 (正月三が日・及び毎月28日)
宗祖:伝教大師最澄のお言葉
『国宝とは何者ぞ。宝とは道心なり。道心有る人を名づけて国宝となす。一隅を照らす、これすなわち国の宝なり。』

目黄不動尊・天台宗・眞覺寺:DATA
所在地〒196-0034
東京都昭島市玉川町5丁目9-27
TEL042-541-3963
FAX042-542-8797
URL
施設内容お寺、寺院
営業時間など
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR青梅線・東中神駅徒歩7分
○JR青梅線・中神駅徒歩7分
(バス)
○立川バス・玉川小学校停留所・(目黄不動尊入口)徒歩2分
お役立ち情報☆お目が黄金色で、霊験あらたかな珍しいお不動さま≪厄除・開運≫
■□■目黄不動尊(めきふどうそん)■□■
◎厄災消除 ◎大願成就 ◎出世縁起 ◎家内安全 ◎商売繁盛
◎交通安全 ◎職場安全 ◎除災招福 ◎学業増進 ◎合格祈願
◎当病平癒 ◎息災延命 ◎安産祈願 ◎所願成就 ◎など
※不動明王とは、仏教の根本尊である大日如来の化身であり、
当山のお不動様の目が黄色であることが知られております。

目黄不動尊・天台宗・眞覺寺の地図

東京都昭島市玉川町5丁目9-27 (Sorry, this address cannot be resolved.)

お寺・寺院/目黄不動尊・天台宗・眞覺寺の詳しい情報です!

■天台宗 眞覺寺 (通称)目黄不動尊(めきふどうそん) □住職:梅井 秀明

◆厄災消除 ◆家内安全 ◆商売繁盛 ◆交通安全 ◆合格祈願 ◆所願成就 ◆など

☆お目が黄金色で、霊感あらたかな珍しいお不動さま ≪厄除・開運≫
◆護摩供 ※正月三が日、及び毎月28日 ◎増益(所願成就・福徳繁栄・息災延命・縁結び)

【 眞覺寺の歴史 】
当山は、八王子市高月町の円通寺の末寺で、長い間、昭島市拝島町の本覚院(拝島大師)が兼務し、
山号は築当山(一説に築地山)、寺号は眞覺寺です。

文化8年(1811)の多摩川の大洪水により文書が流失し、開基等は不詳ですが、
墓石文の年号などを考慮に入れますと、慶長年間(1600年前後)と推測されます。
その後、河畔より築地村(現玉川町)一村と共に
現在地に移住しまして百九十八年(平成21年現在)になります。

昭和17年5月1日、中興の一世、故梅井亮修が晋山し、現在に至っております。
昭和40年頃より、寺の周辺地域に住宅が増えるにしたがい、檀信徒数も増加し、
昭和49年に本堂、檀信徒集会所、客殿、昭和62年に不動堂、平成5年に鐘楼堂を
各々新築いたしました。
平成20年6月、庫裡、第一第二客殿(斎場)を新築し、本堂及び地下檀信徒集会所を改修。

★特記すべきことは、旧本堂の片隅に安置されていた『目黄不動尊』を200年を越える眠りより
覚まさせ、世に出したことです。昭和62年に完成した不動堂に『目黄不動尊』を勧請し、
その年の大晦日より善男善女が除夜の鐘をつき、毎年正月三ケ日には大護摩が焚かれ、
だるま市が立ち、境内は『目黄不動尊』のご利益を授かりに来る多くの参拝者で賑わいをみせております。

■真覚寺 墓苑 ※受付中
◎ご遺骨の有無は、問いません。

【 年中行事 】
◆1月1日~3日…目黄不動尊 初詣大護摩供・だるま市
 ・28…初不動護摩供
◆2月15日…涅槃会
◆3月お彼岸中日…春彼岸大法要会
◆4月8日…灌仏会 (花まつり)
◆6月4日…山家会
◆7月15日…盂蘭盆施餓鬼会
◆8月18日…宗租誕生会
◆9月お彼岸中日…秋彼岸大法要会
◆11月中…七五三祝祷加持
 ・24日…天台会
◆12月8日…成道会
 ・28日…納め不動護摩供
 ・31日…除夜心経作法会・除夜の鐘


スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

このお寺屋に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。