トップ お寺・口コミナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お寺・口コミナビ > 仏さまの種類

仏さまの種類

菩薩について

 仏教の仏さまといったら如来の次に高い位に位置付けられるのが菩薩です。 しかも、仏さまといって私たちが身近に感じることができるのが菩薩なのではないかと考えます。 その菩薩について見てみましょう。 菩薩とは  菩薩には梵語で「悟りを求める者」という意味があります。 如来を目指すために修業している者のことをいい、もともとはお釈迦さまが悟りを開く前の修業時代の呼び名をいいました。 しかし大乗仏教が興ってからは、観音菩薩などの多くの菩薩が考えだされました。 日本では仏教の教えそのも



仏さまの種類の記事

仏さまの種類のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

菩薩について

菩薩について

 仏教の仏さまといったら如来の次に高い位に位置付けられるのが菩薩です。 しかも、仏さまといって私たちが身近に感じることができるのが菩薩なの・・・


その他の仏―羅漢(らかん)と垂迹神

その他の仏―羅漢(らかん)と垂迹神

 如来・菩薩・明王・天部と仏にはそれぞれの位置付けがありますが、ではそれ以外の仏さまについてはどのようになっているのでしょうか。 ここでは・・・


明王(みょうおう)について

明王(みょうおう)について

 如来・菩薩に次ぐ位置にある明王は、寺院の三門などで見られる仁王さまなどが有名ですが、あまり仏さまとしての馴染みとしては薄いのではないでし・・・


天部(てんぶ)について

天部(てんぶ)について

 如来や菩薩などと違い、天部といってもあまり耳慣れないという人も多いのではないでしょうか。 しかし、この天部の仏さまは実は私たちの暮らしの・・・


如来について

如来について

 仏教にはさまざまな仏が存在し、それぞれが違った役割を担っています。 いくつもある仏の中から、ここでは如来についてその位置付けやどのような・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 仏教と仏式葬儀

 日本では、お寺や仏教とはお葬式を通じて関わりを持つという家庭がほとんどでしょう。 なぜ日本では仏式のお葬式が多いのか、仏教によるお葬式がいつごろから行われているのかなど、仏教とお葬式との関係について見てみました。 仏式葬儀の普及  日本での仏教による葬儀は、平安時代の貴族のあいだで行われていました。 鎌倉時代に入ると庶民層にも仏教が広まり、それと共に庶民のあいだでも仏式の葬儀が行われるようになっていったようです。 そして江戸時代に入ると、仏教による葬儀は幕府が定めた檀家制

お寺・口コミナビについて

当サイトに掲載されている寺院・施設情報、開園時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。